相続の際の最小限度の取り分である遺留分

相続に関する問題において、遺言が無いため残された財産の分配をどのようにするかで揉めてしまうケースは沢山あります。しかし、遺言があるからと言って問題が無くなるわけではありません。

遺言に『一人の相続人が財産の全てあるいは殆どを引き継ぐこと』や『赤の他人(例えば愛人など)に財産を全部遺贈すること』といったことが記載されていた場合には、いくら遺言が絶対と言っても、他の家族については気の毒なことになってしまいます。


このような場合、法律では他の家族に対し最小限度の遺産の取り分が認められています。

これを遺留分と言います。


ここで認められている最低限度の取り分は、法定相続分の2分の1(親だけの場合には3分の1)と定められています。


これを侵害する遺贈が行われた場合、遺留分請求の権利を持つ人は遺言によって財産を受け取った人に対して『遺留分減殺請求』を行う権利を有します。


この請求権は、相続開始及び自身の遺留分が侵害されていることを知った日から1年、それを知らなくても相続開始の日から10年を経過すれば時効で消滅しますので注意が必要です。
なお、兄弟についてはこの最低限度の取り分の権利は保証されていません。
遺言を作成する場合には、この『最低限度の取り分』に注意をして作成する必要があるのです。『全ての財産を譲る』といった遺言では、後々に遺留分の問題が発生して、身内同士の争いに発展する可能性があります。
後々の争いが起きないようにするための遺言にも、このような落とし穴があるのです。

大阪での任意整理情報選びをサポートするサイトです。

暮らしを豊かにしてくれる大阪の自己破産の情報はこちらのサイトがオススメです。

過払い請求情報サイトの利用価値をご存知ですか。

話題の大阪での個人再生の情報探しををお手伝いします。

大阪にある税理士事務所の正しい情報はこちらです。

http://smany.jp/6481

https://matome.naver.jp/odai/2141856006666658801

https://jp.reuters.com/article/idJP2016071501002010

関連リンク

遺留分を利用して相続で遺産を継承する


遺留分の制度を利用すれば、相続権を持っている人はどのような状況になっても最低限の財産は受け継ぐことが出来るようになります。財産を保有したまま亡くなった人がいた場合には、その財産を処理するために遺された家族に対して法定割合に従った財産が分割されるようになります。...

遺産相続で相続人以外に財産を譲る方法


遺産相続で、相続人以外に財産を譲りたいというケースは多いです。法定相続人は配偶者と子供になっているが、親や兄弟にも一定の財産を分配したい場合や、介護でお世話になった人にも財産を譲りたい場合などです。...