相続分を確保できないときには遺留分の制度を利用する

相続をする事が出来る権利者が自身の相続分を確保することが出来ない事態になってしまったときには、遺留分の制度を利用することによって必要最小限度の財産を取得することが出来るようになります。


基本的に、相続で得ることが出来る財産の割合は法律によって明確に決められているのでこれに独断で逆らうことは権利者であってもできません。


もちろん、当人同士の話し合いによって誰かが権利を放棄するようなことがあれば話は別です。

しかし、もう一つこうした権利者の取り分を変更させることが出来る手段が存在するのです。それは、被相続人が作成することが出来る遺言書というものです。

遺言書は、亡くなった人が最後に遺すことが出来る家族に対する意思表示です。

遺言書に財産に関する取り決めがある場合にはそこに書かれている主張が最大限尊重されることになるため、たとえ法律によって割合分が規定されていたとしても遺言書の効果には勝つことが出来ません。
そのため、遺言書が亡くなった人が書いたと断定できる証拠やその証明が出来れば元の権利者は自身の分割の割合分の取得を主張できなくなります。
しかし、このような一方的な意思表示によって本来財産を相続できた人が財産を取得できなくなってしまうのはかなり深刻な事態と言えます。そこで、実際にこのような事態になってしまったときには遺留分という最低限の遺産を継承することが出来る制度を利用することができます。

遺留分によって、家族の中で不公平さを無くすことが出来るのです。

















関連リンク

遺留分を利用して相続で遺産を継承する


遺留分の制度を利用すれば、相続権を持っている人はどのような状況になっても最低限の財産は受け継ぐことが出来るようになります。財産を保有したまま亡くなった人がいた場合には、その財産を処理するために遺された家族に対して法定割合に従った財産が分割されるようになります。...

相続人には遺留分が保証されています。


遺言書が作成されていると法定相続人以外にも全財産を遺贈させることができます。残された家族にとって不利益となることもでてくるので民法では遺留分という制度があり相続人は遺産の一定割合を取得できるようになっています。...